よく近所を散歩をしていて、その際に知り合った近所に住んでいる有名なフードコーディネーターの方と仲良くなり、「四川料理食べたい!」というご要望があって、先日その方のお宅に作りにいくことになりました。

ご近所の方たちも参加し、回鍋肉、凉拌鶏、紅焼肉、芽菜炒飯など庶民的な本場の四川料理をふるまって、のんびり一緒に食事をしてきました。

とても楽しい会でした!

 

そして、場所を提供してくださった方が『これ持っていきなさい!』とくださったのが新品の「中国名菜集錦」

 

 

その方のご兄弟がこの本を中国まで行って制作されたみたいです。

時は日中国交正常化のあとの1980年代。


以前、古樹軒で四川のものをみたことがあり、これはすごい!と唸った名著です。

どれも当時の現地のお店、企業と作っているので、本当にすごい本です。

四川料理がこんなすごい本に変わるとは、まさにわらしべ長者です。


北京(3冊)、上海(2冊)、広東(2冊)、四川(2冊)、解説本(1冊)と計10冊ありしかもすべて新品。

さて、この本、一体どのように使うのか?どこに置くのかをいろいろと考える楽しみが増えました!