Ojii

 

地中海沿いにある北アフリカ諸国の中ではモロッコが人気ある国ですが、今回はあえてチュニジアへ。

2010年ジャスミン革命が起きたチェニジアはイタリアの真下に位置し、マルタ島もすぐそばの地中海沿いの国家。気候もイタリア南部と似ているため、オリーブや葡萄(ワイン)の産地としても有名です。

一説によれば、廉価で売られているスペイン、イタリア原産のオリーブオイルを支えているのは、実はチュニジアのオリーブだとか。

ワインの産地であるチュニジア北部ですが、イスラム教を国教としたアラブ文化のため、一般的なレストランでお酒を飲むことは難しい。お酒を飲みたい方はツーリスト向けレストラン(高級レストラン)、または外国人が多く住む場所にあるMONOPRIX(Carrefour)のスーパーで購入可能。

※2016年4月22日、1TND = 55円

朝ごはんを食べる

チュニジアではお米やクスクスなども食べますが、主食はやはりパン。朝早くから焼きたてのパンを売っています。チェニジア人にすすめられたのはクロワッサン。普通のクロワッサン、チョコ入り、アーモンド入りなどの種類があるので、好きなパンを選びます。(パン1つ:約0.5TND)

Direct(ディレクト)

そして、よさげなカフェにパンを持ち込み、コーヒーを注文。多くのチュニジア人が飲んでいるのはエスプレッソ。ミルク入りのコーヒーを注文する場合、チュニジア語で「Direct(ディレクト)」と言います。庶民的なカフェで飲む場合、コーヒー1杯約0.9~TND(55~60円ほど)。

チュニジアの朝ごはん

 

ファーストフードを食べる

チュニジア在住の日本人の方から伺ったのですが、なんとチュニジアにはあの巨大資本マクドナルド、ケンタッキーが一つもない!以前、チュニジアに進出しようという計画があったようですが、賄賂文化をわかっていなかった、革命がおき政情不安に…などが重なり頓挫した模様。

そのため、街中にあるファーストフードは100%チュニジア流。種類はパンがサンドイッチ、ピザ風の生地、ピタパンのような生地と分かれますが、中身の具材はどれも同じです。

チュニジアのサンドイッチ

Sandwich – メディナ内にあった人気のサンドイッチ(3TDN~)

チュニジアのサンドイッチ

Makloub(マックルーブ)- ピザのような生地が特徴(3TDN~)

マグレブ

注文後、具材を上にのせて焼いてくれます。

 

Melaoui(メラウィー)― ピタパン、ワッパーのような生地(3TDN~)

Melaoui(メラウィー)

シャパティ ― 鉄板でタマゴとパンを焼きサンド(少し厚めでフカフカのパン)してくれます(3TDN~)

チュニジアのファーストフード チュニジアのファーストフード

注文方法

  1. 初めにどのパンにするか注文。
  2. ソースを注文。マヨネーズ、ハレル(唐辛子ペースト)をつけるか。
  3. サラダを挟む。店によってはオリーブ、発酵レモンなど多数トッピングできます(値段は一律)。
  4. ポテトはサイドとしてついてきます。揚げたてなので、美味しい!
 

チュニジア料理で一番美味しかった料理

ほとんど情報がないチュニジア料理。地球の歩き方、旅行会社がお勧めするチュニジア料理を参考にレストランでいろいろな料理を食べました。

その中で抜群に美味しかったのはOjii(オジャ)というトマト煮込み料理。写真はOjjia Fruits de mer ( トマトソースのシーフード煮込み卵落とし)。

Ojii

場所:Avenue de La Libertéにあるfast food店。モダンなCafeの向かいにあるお店「Kiser(要確認)」。


 

チュニジアのローカルレストラン

フランス門付近のアビブ・ブルギバ通り沿いの路地を入るとシーフードの看板を掲げたローカルなレストランがいくつかあります。一番地元の方が入ってそうな店に入ってみることに。注文したのは以下の料理。これだけ注文しても17TND!の安さ。

付け合わせはハレルと茄子を焼いたペーストとオリーブ(パンもつきます)

前菜

Salad チュニジア風サラダ、ツナとトマトとキュウリのシンプルなサラダ

チュニジア風サラダ

Chorba(ジョルバ)香辛料が効いたカレーのようなチュニジアスープ

Chorba(ジョルバ)

Loubia(ルービア)白インゲン豆を香辛料で煮込んだ料理

Loubia(ルービア)

Tabssi(タビシ)スパイシーな炊き込みご飯

Tabssi(タビシ)

特に美味しかったのはTabssiと言うご飯とLoubia。どちらも肉、シーフードを付け合わせて食べることができます。今回はノーマルのものを注文しました。

 

場所:アビブ・ブルギバ通り(Avenue Habib )沿いの路地に沢山お店があります。

チュニジアのタジンとは?

モロッコのタジンは水を一切使わず、煮込み料理として有名ですが、チュニジアのタジンは全く別の料理になっていました。

チュニジアのタジン

チュニジア人のガイドさんの話では、チュニジアのタジンは前日あまった料理を翌日、タジン鍋に入れて、卵でとじ、蒸し上げるという家庭料理。

タジンは毎日食べるものではなく、あまったおかずがあると食べるもの

高級なレストランで食べたタジンはほうれん草が入り、スパニッシュオムレツのような感じでした。

 

最後に

チュニジア料理というのもを初めて食べましたが、どれも味わい深いおもしろい料理ばかり。特にファーストフードは面白く、メディナ内にある人気のお店に行き、学生や地元の人に交じって食べてみてください。人々と素朴なコミュニケーションがスパイスとなり、より美味しい食事にありつけます。

グルメの関連記事

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

日本の中華を盛り上げる!運営サイト

中川正道について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」と

中国政府や一部上場企業を巻き込み、食を通じて20000人を集客したノウハウを活かし、WEBを軸にした集客ができる情報発信の仕組みを構築し、会社の価値を上げながら売上もあげるWEBビジネスデザイナーとして、活動をしております。プロフィールはこちらから!

お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。