A6_DE_04

新潟・燕三条からフランクフルトへ、世界へ進出!!

ラーメン潤 フランクフルト

フランクフルトへ来てから、早2年。デザインなどを通して、いろいろな方と出合い、知り合いました。今回は新潟の燕三条の背脂ラーメンで有名な「ラーメン潤」様が海外進出ということで、

・名刺
・ショップカード
・フライヤー
・Webサイト

等を行うフルサポートプランで制作を請け負いました。

フランクフルト在住の日本人へ向けて

フランクフルトに住んでいる邦人は約4000人とも言われています。日本人が携わっていない、まがいモノの和食、ラーメンが多いヨーロッパにおいて、

日本の本物を伝える

をコンセプトにしているのが、Ramen JUNです。フライヤーではそんな本物志向をぱっとわかるようにデザインしました。

Ramen JUNの「潤さん」のこだわりを

両面印刷なので、片方は日本語で制作しています。写真を白黒にし、少し紺がかった加工をいれてプロフェッショナル感を。次にショップカードで作った地図を加工し、全体の白に合わせるように配置。その地図の真ん中に日の丸をあしらった赤を背景にし、地図に焦点があたるように工夫しています。

ラーメン潤 フランクフルト

地図で使用しているフォントはドイツの通り看板でお馴染の見やすい人気フォント「DIN」ファミリーから。TELなどの基本情報もDINを使用しています。日本語の「新規オープン」はどこか温かい出島明朝フォント。右のサブキャッチはゴシック体で文字間隔を大きく取って見やすくしています。

ドイツ語版ではラーメンを使う

和食は世界的に人気ですが、そもそもラーメンって何?という方も多いのが実情。そのため、ドイツ人向けのフライヤーはラーメンの画像を主体にしています。背景には金箔が入った和紙を使用し、少しパンチがでるように粗い墨を入れて、地図を見やすくしました。

A6_DE_04

ロゴで使用されているのは、女性雑誌、パリのイメージがあるDidotという有名フォント。右上のコピーは同様にDidotで組んでいます。その他のテキストは日本語と同じDINです。

最後に

フライヤーはデザインを行い、ネット上でドイツの印刷会社へ発注し、クライアントが受け取るまでを対応します。2万部という部数を印刷し、オープンに向けてこれから宣伝活動開始!!

画像を使えるので、いろいろな表現できますが、デザインをする初めは真っ白の画面からスタートです。クライアントの思いをわかりやすく、小さなA6(ドイツの工業規格)の紙に詰める。その最初の作業の取っ掛かりが難しいですが、一度その世界観を理解できれば、すいすいと進みます。

この調子でWebサイトもよいイメージを作り、必要な情報をわかりやすく伝える。デザインでブランディングをし、本物の美味しさでファンを作り、多くの方が来る人気店になるよう、お手伝いをさせていただます。

Ramen JUN – Frankfurt  ※現在は簡易的サイトをオープンしています。
http://ramen-jun.de/

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

日本の中華を盛り上げる!運営サイト

中川正道について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」と

中国政府や一部上場企業を巻き込み、食を通じて20000人を集客したノウハウを活かし、WEBを軸にした集客ができる情報発信の仕組みを構築し、会社の価値を上げながら売上もあげるWEBビジネスデザイナーとして、活動をしております。プロフィールはこちらから!

お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。