note

四川料理専門サイトを7月に全面リニューアルし、今月からnoteで月額課金マガジンを運営します。

 

そのため、noteの機能、使い方など知りたい情報をざっと調べてみました。

以下、備忘録的にまとめいますので、ご参考に。

 

有料マガジンの種類

 

まず有料マガジンは3つの種類があります。 よくある質問 | note 

 

1.入場料方式:一度支払えば、有料、無料にかかわらず、すべての記事が閲覧可能。

2.月額課金方式:毎月きめた一定金額を支払う方式。

3.入場無料、有料記事にする方式:マガジン自体の閲覧は可能。記事を有料化し、購入してもののみ閲覧が可能。

 

有料マガジンでかかる手数料

かかる費用と特徴のまとめ
種類 ①入場料方式 ②月額課金方式. ③入場無料、有料記事にする方式
特徴 一度支払えば、有料、無料にかかわらず、すべての記事が閲覧可能。 毎月きめた一定金額を支払い、記事が閲覧可能。 マガジン自体の閲覧は可能。記事を有料化し、購入してもののみ閲覧が可能。
プラットフォーム利用料 売上金額の10% 売上金額の20% 売上金額の10%
決済 クレジット決済:売上金額 5%
携帯キャリア決済:売上金額 15%
※プレミアム会員費用:月額500円

※100円〜10,000円の値段でマガジンを販売することができます。(※プレミアム会員は上限50,000円まで料金設定ができます。)

 

②月額課金マガジンを軸にする予定ですが、25%は手数料で支払いが発生します。

①入場料方式、③入場無料、有料記事にする方式の場合は15%の手数料です。

 

入場料方式と月額課金方式の違い

①入場料方式:

こちらは一度支払えば、有料、無料にかかわらず、すべての記事が閲覧可能。

②月額方式とどう違うかちょっと図にしてみました。

【ケース①】7/15 加入すると7月分、8月分すべて閲覧可能(有料と無料含む)。

【ケース②】8/15 加入すると7月分、8月分はすべて閲覧可能(有料、無料含む)

note

②月課金方式:毎月きめた一定金額を支払う方式。

加入した月の前月の有料記事を閲覧したい場合、購入する必要があります。

【ケース①】7/15 加入すると7月分、8月分すべて閲覧可能(有料と無料含む)

【ケース②】8/15 加入すると8月分はすべて閲覧可能(有料、無料含む)。7月分は無料分は閲覧可能、有料分は購入する必要あり

note
 

記事の作成

新規作成はどうするの?

note
WordPressのようにダッシュボートがあり、投稿画面がある。そこから投稿するのかと思いきや、見当たりありません。

良く見てみると、トップ画面のアイコン「テキスト」があり、ここをクリックすると記事作成画面に移動します。

 

記事の装飾は?

記事の装飾はいたってシンプル。たった4つしかありません。
  • 見出し3
  • 太字
  • テキストのセンター揃え
  • 引用
HTMLタグの修正不可。テーブルも挿入できません。

 

早速、人気記事を有料化してみた

noteで「WEB制作ノウハウ」というマガジンを作り、以前書いた記事を少しリライトして、noteとリンクしてみました。

http://masamichi-design.com/rakuten.html

8/12にアップロードして、8/13~15で三冊ほど売れました。

990円で売ってみたので、手数料を引いた利益は2524円です。

 

おお、売れるんだ!と素直に驚き、自信にもなりました!

購入してくださった方、ありがとうございます!

 

人が困っているノウハウは売れる

困っていることを記事にし、サイトへ集客する。

独自のノウハウの概要を記事にして、もっと読みたい人はnoteで有料記事を買う。

集客できる仕組みを持っていれば、もう本を出版しなくてよく、noteで記事にして売ればいいのでは?

そのnoteをまとめてAmazonのKDPで電子書籍化して売ればいいのでは?

 

これからは間違いなく、こういう出版が主流になりますね。

本当、便利な世の中になりました!

 

運営をはじめるnoteはこちら → https://note.mu/meiweisichuan

 

 

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

日本の中華を盛り上げる!運営サイト

中川正道について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」と

中国政府や一部上場企業を巻き込み、食を通じて20000人を集客したノウハウを活かし、WEBを軸にした集客ができる情報発信の仕組みを構築し、会社の価値を上げながら売上もあげるWEBビジネスデザイナーとして、活動をしております。プロフィールはこちらから!

お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。