First you should know

about the studio

"We are a new creative studuio. veritatis, eosquiso uam asperi oresipsum itaque dignissimos reprehen derit. non quos ratione ipsa facilisis."

john doe

Provident saepe deserunt, accusamus quiatetur, mollitia fugit sedar itectoia samus one ipsa facilisis eot.

Branding 54%

Graphic Design 74%

Motion Graphic 63%

258

Apps created

1436

Active Users

27

Monthly Events

315

Heart Beats

WELL COVERED AND EFFICIENT

Services Provided

Web Design

Magnam distinctio unde atque quos iusto illoim dignissimos hic. Dolore iusto illo, eaque eligendi itaque, iure facilis fugiat et.

Branding

Magnam distinctio unde atque quos iusto illoim dignissimos hic. Dolore iusto illo, eaque eligendi itaque, iure facilis fugiat et.

Motion

Magnam distinctio unde atque quos iusto illoim dignissimos hic. Dolore iusto illo, eaque eligendi itaque, iure facilis fugiat et.

Illustration

Magnam distinctio unde atque quos iusto illoim dignissimos hic. Dolore iusto illo, eaque eligendi itaque, iure facilis fugiat et.

Photography

Magnam distinctio unde atque quos iusto illoim dignissimos hic. Dolore iusto illo, eaque eligendi itaque, iure facilis fugiat et.

Flying

Magnam distinctio unde atque quos iusto illoim dignissimos hic. Dolore iusto illo, eaque eligendi itaque, iure facilis fugiat et.


Check it out

Our Portfolio

Get to know our

Team Members

Laboriosam quae vel odit dignissimos maxime quis ab nihil sapiente, a, optio accusamus temporibus veniam assumenda gnissimos maxime quiex rerum repudiandae.


How is our work

Process Flow

  • Digital Audit
  • User Experience
  • Art Direction
  • Development
Hear them our

Our clients

どのように遠隔地でWebサイトを制作するのか?

ネットにつながってパソコンがあれば、Webサイトはどこでも制作可能です。ただ、クライアントにとってはやはり顔を見て意見を交換しながら、制作を進めたい、というのが心情ではないでしょか。

中川はフランクフルトに住んでいるので、日本や他の国のクライアントとは実際にお会いすることはありません。会えない代わりにSkypeやLINEなどのツールでTV会議をしながら、話をします。制作期間中は、毎週、進捗報告をしながらTV会議を実施して、コミュニケーションします(フランクフルトの場合は会いに行きます!)。

このようにして「クライアントがぼんやりイメージ」しているものを表現し、形にしていきます。デザインに納得がいかない場合は何度も修正を加え、納得がいくまで対応をします。うまく表現できない場合は少し時間がかかりますが、必ずクライアントが納得し、クライアントの「達成したい事」を実現できるよう最善を尽くします。

 

クオリティーが高いサイトを作る

今の時代、Webサイト制作サービスのテンプレートを使うなどして、簡単にWebサイトが制作できます。しかし、自分の作品、お店、企業のイメージに合うテンプレートを探すのも一苦労です。厳密に言えば、ピッタリ合うようなものはないと思います。それもそのはず、一人一人個性があり、考えがあり、コンセプトも異なるからです。

Webサイトを公開するということは、世界中に「自分、お店、企業」を公表し、閲覧者にイメージと思いを共有するということです。言い換えれば、「自分を表現する場所」です。

既成のテンプレートでは表現しきれない、クライアントのコンセプトにそったデザインをすることで、新しいイメージを構築し、クライアントの「達成したい事」に近づけるようなWebサイトを制作したい。その思いを胸に日々、Webサイトを制作しています。

 

Webサイト制作の流れ

では、実際にどのようにWebサイトを制作していくか簡単にご紹介いたします。WEBサイトの制作は大まかに以下のような手順で進みます。
  1. ヒアリングしてサイトコンセプトを作る
  2. ポイント(強み)を整理する
  3. WEBサイトの構成・仕様を決める
  4. WEBサイトをデザインする
  5. WEBサイトをコーディングする
  6. WEBサイトをテストする
  7. WEBサイトを運用する

1.サイトのコンセプトを決める

まずはクライアントのリクエストをメールにてヒアリングします。

①Webサイトを使って、何をしたいのか明確にする

集客をしたい、情報発信をしたい、ブランディングをしたい、ネット上で商品を売りたい、などクライアントの要望をヒアリングします。

②どんな人に来てほしいか?

Webサイトを見て、次の行動に動いてくれる対象を明確にします。

③どんな情報を掲載するか?

Webサイト上でどのような情報を掲載するか、ヒアリングします。

④どのようなサイトをイメージしているか?

クライアントより参考サイトをいくつかピックアップしていただきます。

 

まとめ

以前制作したフランクフルトの美容室を例にすると

①複雑なプライスリストを整理し、わかりやすく伝え、ネットから集客をしたい

②20代以上でかつフランクフルト在住の日本、中国、ドイツ人の女性

③サービス内容、スタッフ紹介、問合せページ

となりました。

 

この情報を元に④参考サイトを参考にしつつ、サイトのコンセプトを練っていきます。

例:「フランクフルトに住む人が見る、上品でシンプルな多言語化されたヘアーサロンサイト」といった感じです。

 

2.ポイント(強み)を整理する

自分だけにしかない強み、ベネフィットを明確にします。フランクフルトの美容室の場合

・日本人が経営しているので、日本流のサービスができる

・ドイツでも日本の最新のヘアースタイルを提供できる

・ヘアーサロンだけではなく、ネイル、マッサージと他のサービスも提供している

という強みがありました。この強みをWebサイトで表現(文章+イメージを使い)します。

 

3.wEBサイトの構成・仕様を決める

WEBサイトの戦略

WEBサイトを使って商品を売りたい、情報発信のツールとして使用したいなどクライアントの要望を踏まえて、どのような機能を盛り込むか検討します。例えば、情報発信をしつつ、商品を販売したい!という要望がある場合、WordpressでWebサイトを作成し、スマートEC(BASE、STORES.jp..etc)とリンクさせるなど、ご提案いたします。またfacebook、twitterなどのソーシャルツールとの連動も検討いたします。

WEBサイトを表示するデバイスを決める

PC用のサイトにするか、スマートフォン向けのサイトにするか、またPC、タブレッド、スマートフォンすべてで閲覧できるレスポンシブのサイトにするか、決めましょう。

キーワードを決める(SEO施策)

Webサイトにどのようなキーワードを盛り込むか検討します。Googleなどの検索エンジンから検索されるために、Webサイトに正しいキーワードを設定する必要があります。Google Adwordsのキーワードツールを使用し、検索ボリュームを調査し、クライアントに適したキーワードを選定します。

伝えたい情報をまとめる

WEBサイトで必要となる情報とキーワードをまとめます。情報をカテゴライズして、Webページを分割し、各ページどのようにリンクされるか、サイトマップを作成し、設計します。大体、何ページぐらい作成するかここでわかります。

Webページ内のレイアウトを決める

各ページのコンテンツをレイアウトしていきます。初めは手書きでざっとイメージを書きますが、最終的にワイヤーフレームを作成します。まずはトップページから作成し、次にその他のページを設計します。

機能を決める

1.更新について

WEBサイトをクライアント自身が頻繁に情報を更新する場合、WordpressといったCMS型システムを使います。WEBサイトは必要な情報だけ表示し、あまり更新を行わない場合はクライアントに簡単な更新の仕方(HTMLの修正)をレクチャーいたします。もしくは中川の方で更新作業を引き受けることも可能です。

2.WEBサイトの動きを決める

トップページの画像をスライドさせて表示する、スクロールしたらエフェクトが入るなどWEBサイトの動きを予めクライアントとすり合わせます。

 

4.Webサイトをデザインする

イメージコンセプト

ヒアリングした内容を元にサイトのイメージコンセプトを明確にします。

例:「上品で落ち着いた感じ」「アナログでレトロ可愛い」など

サイトで使用するテーマカラーも検討します。

素材の準備

クライアントより必要なロゴデーター、写真素材、テキストなどを提供していただきます。素材の受け渡しはGoogleドライブ、SkyDriveまたはDropboxにて行います。例えばメインイメージとなる高品質の写真素材がない場合は中川の方で商用無料素材を用意いたします。

テキスト素材はまずはクライアントからテキストを作成していただき、中川が編集を加えます。

デザイン

まずはトップページからデザインを行います。トップページのデザイン、テイスト&世界観でOKの場合、同じようなテイスト&世界観で他のページを作成します。トップページのレビューは細かいところまで、しっかり確認していただきます。

デザインまとめ

トップページのデザインが完了後、デザインで使用した「カラー」、「フォント」などデザインに必要な要素をまとめます。

5.Webサイトをコーディングする

HTML、CSSでWebページを作成する

デザインカンプの通りにHTMLとCSSを作成します。WEBサイトに動きを加えるjavascript等のプログラムも稼働確認し、準備いたします。

wordpressを使用する場合はwp化をする

サイトをCMS化する場合(ブログを作成する場合)は作成したHTMLをphpに変更します。

6.Webサイトをテストする

作成したWEBサイトを複数のブラウザでテストします。またPC、タブレッド、スマートフォンと対応したレスポンシブデザインの場合は各デバイスで確認をします。

7.リリースする

いよいよサイトのリリースです。サーバにWEBサイトのリソースをアップすれば、サイトオープンになります。

予めサイトをどのように展開し、周知するか検討しておきましょう。

・検索エンジンから検索される(サイトオープンして3カ月くらいかかります)

・顧客用メーリングリストを作成し、サイトオープンメールを出す

・facebook、twitterなどでサイトオープンの投稿を行う

・ブログでサイトオープンの投稿を行う

・ダイレクトメール、フライヤーなどの販促物にサイトURLを記載する

・名刺にサイトURLを記載する

・他のサイトにバナー広告を出す、または相互リンクを張る

・リスティング広告を出す

・Webデザイン登録サイトにデザイン登録依頼を出す(中川が行います)

 

8.Webサイトを運用する

BLOGの更新

SNSの更新

各種webツールを使い分析する

アウトプット:BLOGの運用について、facebookの運用について、Googleアナリティクスについて、

GoogleWEBマスターツールについて、Googleアドワードについて、Googleアドセンスについて

データの共有

クライアントからの提供素材などのデータ共有は「Googleドライブ」または「Dropbox」を使用します。