ここ最近、中国料理関連イベントで際コーポレーションさんのお店で開催。毎回、素晴らしい料理とかっこいいメニュー表を作っていただいています。

 

イベント情報は以下参照

・永遠の定番!青島ビールは中華料理の名脇役 http://meiweisichuan.jp/event/2017/12/4737.html

 

IMG_2158

 

 

このカッコいいフォントは何だろう?と疑問に思い、知り合いの中国人デザイナー卵たちにヒアリングしてみました。

 

 

答えは「康熙字典復刻版」らしい。

 

 

康熙字典(こうきじてん ) by Wikipedia

中国の漢字字典。清の康熙帝の勅撰により、漢代の『説文解字』以降の歴代の字書の集大成として編纂された。編者は張玉書、陳廷敬ら30名で、6年の編集期間を経て康熙55年閏3月19日(1716年)に完成。全42巻、収録文字数は49,030にのぼり、その音義(字音と字義)を解説している。

01

この手書きの感じがなんとも言えず素晴らしい。しかも簡体字ではなく、繁体字なので、日本語の漢字とも相性よし。渋い漢字を使いたいときにかなり使えるフォントです。

 

 

デモ版のフォントをダウンロード

康熙字典字体下载 http://www.diyiziti.com/download/351

 

 

もう一つおすすめのフォントは「方正古隶繁体」

02よくあるダサい中国デザインイメージをかっこよく、レトロ感ある感じで見せるのによく使っています。かなり渋いですが、使い方によっては結構かっこいいですよね。

201711_06

※こちらのページで使っています → http://meiweisichuan.jp/201711tour

 

デモ版のフォントをダウンロード

方正古隶繁体 http://www.diyiziti.com/Download/229

 

中国語のフォントについて

 

日本語の漢字を使う場合は中国語の繁体字のフォントを使うと、感じデザインの幅が広がります

最後に、中国語は英語と違ってかなりの量があるのもかかわらず、様々なフォントがあります。中国に行ったことがある人ならわかりますが、結構微妙なフォントから、「おお、いいね!」というフォントまで様々。

 

ぼくは特にレトロ感あるフォントが好きなので、またよいフォント見つけましたら、紹介します!